メニエール病の症状と原因、治療方法



まずはメニエール病と向き合い生活する事から

このサイトはメニエール病が、どんな病気なのか分からないという人のためのサイトです。

メニエール病というつらい病気の代表的な症状、治療方法、メニエール病に何故なってしまうのか、その原因について詳しく掲載してます。

メニエール病になっても病気と向き合い、日常生活を無理なく過ごしている方は本当に大勢いらっしゃいます。

メニエール病で苦しむ方、また家族・恋人・友達がこの病気で苦しんでいてなんとかしてあげたいと思ってる方、そんな方の少しでも力になれれば幸いです。

> 自宅でできるメニエール簡単改善法

メニエール病 私の体験談

メニエール病とは?

メニエール病とはどんな病気なのでしょうか?

メニエール病とは、1861年フランスの医師・プロスペル・メニエールによって報告された、強烈な回転性のめまい、難聴、耳鳴り、耳閉感の4つの症状を主症状とする内耳の疾患と定義されています。

この病名はさまざまな表記があり、「メニエール氏病」、「メヌエル病」、「メニエル病」などと表記される場合があります。

日本国内でのメニエール病の患者数は、10万人のうち30人から40人と言われています。症状はあっさり収まってしまうこともありますが、多くの場合は再び同じような症状が再発します。

メニエール病の罹患者は女性が多く、年齢層は30歳代から40歳代となっています。また、肥満傾向のない人、性格が几帳面・神経質な人、肉体的・精神的ストレスの高い人、睡眠不足の人などに多いといわれています。

メニエール病の原因は現在のところはっきりしていません。今のところもっとも有力な説は、内耳に余分な水分が溜まってできる水ぶくれ状態・内リンパ水腫が原因であるという説です。


スポンサードリンク